会社沿革

1954年05月 資本金1,500万円で日本電話施設株式会社を設立
1963年10月 名古屋証券取引所市場第二部株式上場
1973年04月 名古屋証券取引所市場第一部株式上場
1991年02月 NTT通信設備総合工事参加資格会社に認定
1992年04月 連結決算開始
1993年08月 資本金50億円となる
1998年04月 名古屋通信ビル株式会社と合併
1998年10月 ISO9001を認証取得
1999年04月 東京証券取引所市場第一部株式上場
2000年07月 グループ経営体制開始
2001年04月 NTT東西通信設備工事参加資格会社に認定
2001年06月 ISO14001環境マネジメントシステムを認証取得
2002年12月 OHSAS18001労働安全衛生マネジメントシステムを認証取得
2004年10月 厚生年金基金解散・退職給付制度改革
2005年01月 ISMS認証取得
2005年10月 情報システム部門を分社(NDSインフォス株式会社設立)
2011年06月 ブリッジ・モーション・トゥモロー株式会社を連結子会社化
2012年03月 NDS.TS株式会社を完全子会社化
2012年10月 NDS株式会社に商号変更
2014年05月 会社創立60周年
2018年04月 浜松NDS㈱を存続会社として浜松通信施設㈱を吸収合併
2018年10月 コムシスホールディングス㈱を株式交換による完全親会社とし経営統合