History沿革

2014資本金を8,000万円に増資
2012日本電話施設株式会社(現NDS株式会社)全額出資の子会社となる
NDS.TS株式会社へ社名変更
本社を新横浜に移転
2009ISO27001認証を取得(全社)
2008ISO27001認証を取得(管理部内、情報システム開発・運用・保守部内)
2005セイコーエプソングループとなる
「デジタル署名試験システム」開発
2004「ワンセグ対応移動機試験システム」開発
2002「携帯電話端末」ソフトウェア開発
2001「携帯電話端末・基地局の評価試験」を受託
2000「光多重伝送装置」ソフトウェア開発
「Web情報配信サービスシステム」ソフトウェア開発
1999「携帯電話端末」ソフトウェア開発
1998「EM400車載無線機」ソフトウェア開発
「狭帯域デジタル無線端末」ソフトウェア開発
1997「専用線統合装置」ソフトウェア開発
「FAXサーバー」ソフトウェア開発
「光多重伝送装置(10Gリング)」ソフトウェア開発
1996「デジタルMCA無線システム」ソフトウェア開発
1995「基幹システム(大型汎用機)」の運用・管理業務を開始
1994本社を東洋通信機株式会社・相模事業所内に移転
気象庁観測船の「船内LANシステム」開発
1993「入退場ゲート機」ソフトウェア開発
1992「デジタル携帯電話端末」ソフトウェア開発
1991「ページャー」評価用ソフトウェア開発
1990「自動券売機」ソフトウェア開発を開始
「次世代移動通信システム」シミュレーションソフトウェア開発
1989「デジタル同報無線システム」ソフトウェア開発
1988東洋通信機株式会社・相模事業所内に事業所を開設
「地域防災無線」ソフトウェア開発
「ニューラルネットワーク」ソフトウェア開発
1987「デジタル網回線切替装置」ソフトウェア開発
1986東洋通信機株式会社全額出資により、株式会社トヨコムシステムズを川崎に設立