NDSグループ ソーシャルメディアの利用ガイドライン

1.ガイドラインの目的
ブログ、ツイッターに代表されるソーシャルメディアは、情報発信等の有効な手段である一方、発信情報は削除が困難であり、想定していない人にも閲覧され、不適切な情報の発信等は、NDSグループ及び利用者本人に対し大きな不利益をもたらす場合もあります。
そこで、ソーシャルメディアの有用性を活かしながら、トラブルに巻き込まれないよう、ソーシャルメディアの私的利用に当たっては、以下の行動指針を常に留意するよう心がけます。
2.ソーシャルメディアの定義
ソーシャルメディアとは、ブログ、ツイッター、フェイスブック等に代表されるインターネットを利用して、情報を発信、あるいは相互に情報交換をするサービスをいいます。
3.適用範囲
NDSグループの全ての社員及び協力会社社員による、ソーシャルメディアの私的利用を対象とします。
4.ソーシャルメディア利用の行動指針 -利用に当たっての心構え-
(1) 誠実で責任のある言動を心がけます。
誠実な態度で正直な発信に心がけ、一度発言した内容は削除できないことを認識し、自分の情報発信に責任を持ちます。
(2) 個人情報・プライバシーの保護を心がけます。
あらゆる個人情報については、保管、用途などあらゆる面で慎重に扱います。
(3) 機密情報の保護を心がけます。
業務上知り得た秘密はもちろんのこと、お客様とのビジネスに関わる案件など当社に関する機密情報、及びお客様などステークホルダーに関する情報発信は一切行わないようにします。
お客様、ビジネスパートナーに関して、相手先の承認を得ずに言及したり、それと分かる形で例に挙げてはいけません。
(4) 権利侵害に注意し法令を遵守します。
勤務時間内外、ソーシャルメディアであるか否かに関わらず、情報発信においては他人の著作権や肖像権、商標権等の権利、顧客の技術・ノウハウを侵害しないよう細心の注意を払います。
(5) 批判や攻撃的な相手にも冷静に対応します。
相手から批判されたり、攻撃を受けた場合にも、感情を抑え、冷静にかつ誠実に対応します。発信する情報は正確に記述するとともに、内容について誤解をまねかないように留意します。
(6) ソーシャルメディアの特性を理解します。
ソーシャルメディアでの発信情報は削除することが困難であり、匿名での利用でも、実名や所属会社が特定されます。
発信した情報は、自分が想定していない多くの人も閲覧するので、実名が分かっても困らないように、利用には注意して下さい。
(7) NDSグループに関する情報は積極的に共有します。
ソーシャルメディア利用で気がついたNDSグループに関する有益な情報やリスクとなる情報については、タイムリーに、以下の窓口にご連絡下さい。
  1. 窓口:NDS株式会社
  2. 代表TEL(052)263-5011

ページの先頭へ