フリーアクセス管路開口工具

概要

ケーブル収容フリーアクセス管路の分岐部を開口するための工具です。
切削工具は市販品のトリマを使用し、新規開発付属具を組み合わせることで安全な開口作業が実施できます。

[イメージ]工具写真

特長

  • 収容ケーブルを傷つけません。(管路内面で防護)
  • 管路の肉厚に左右されず作業ができます。
  • 切削中の手ブレがありません。
  • 小型かつ安価です。

仕様

切削工具 リョービ製トリマ:TRE-55
付属具構成 ①切管用ダブテールガイド
②安定具
③ガイド板
付属具材質 ①②SS400
③ ゴム板

作業手順

手順1 管路にケガキをし、穴を2箇所開孔(Φ20mm以上)  
手順2 ガイド板を穴に合わせて固定
手順3 付属具をつけたトリマを開口した穴、ガイド板に合わせ設置
手順4 ガイド板に沿って時計周りに切削
手順5 一度トリマ・ガイド板を取り外し、再度半面に設置
手順6 ガイド板に沿って時計周りに切削
手順7 トリマ・ガイド板を取り外し、面取り・清掃をし完了    

上記開発品についてのお問い合わせ先

連絡先 NTT事業本部 テクノロジー総合センタ
住所 〒484-0864 愛知県犬山市字番前58番1
TEL (0568) 69-0356
FAX (0568) 68-3414

カタログ

PDF(1.6MB)

一覧へ戻る

ページの先頭へ