ストックオプション(新株予約権)の割当に関するお知らせ

ストックオプション(新株予約権)の割当に関するお知らせ

2002年09月30日

 平成14年9月30日開催の当社取締役会において、商法第280条ノ20及び第280条ノ21および平成14年6月27日開催の当社第48期定時株主総会決議に基づき発行する新株予約権(ストックオプション)の割当てに関し、具体的内容を下記のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。

1.新株予約権発行の要領
(1)新株予約権の発行日
  平成14年10月17日
(2)新株予約権の目的たる株式の種類及び数
  当社普通株式 1,444,000株
 
(3)発行する新株予約権の総数
  1,444個
  なお、新株予約権1個当たりの目的たる株式の数
  (以下、「付与株式数」という。)は1,000株とする。
(4)新株予約権の発行価額
  無償とする。
(5)各新株予約権の行使に際して払込みをなすべき金額
各新株予約権の行使に際して払込みをなすべき金額は、各新株予約権の行使により発行または移転する株式1株当たりの払込金額(以下、「行使価額」という。)に付与株式数を乗じた金額とする。
行使価額は、発行日の属する月の前月の各日(取引が成立しない日を除く。)の東京証券取引所における当社 普通株式の普通取引の終値(以下、「終値」という。)の平均値に1.05を乗じた金額とし、1円未満の端数は切り上げる。ただし、その金額が発行日の終値(当日に終値がない場合はそれに先立つ直近日の終値)を下回る場合は、当該終値を行使価額とする。
(6)新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価額の総額
  未定
(7)新株予約権の行使可能期間
  平成16年7月1日から平成20年6月30日まで
(8)その他の新株予約権の行使の条件
  各新株予約権の一部行使はできないものとする。
(9)新株予約権の行使により新たに株式を発行する場合の当該株式
  の発行価額のうちの資本組入額
  未定
  行使価額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を
  生じる場合は、その端数を切り上げた額とする。
(10)新株予約権の割当先の概要
  当社および当社連結子会社の取締役、監査役および使用人の合計322名

2.新株予約権割当契約の要領
各対象者に対する新株予約権の割当てに際して、当社取締役会決議に基づき、以下の要領の「新株予約権割当契約」を各対象者との間で締結するものとする。
(新株予約権割当契約の要領)
(1)新株予約権の第三者への譲渡、質入れその他一切の処分は
  認めないものとする。
(2)新株予約権者が死亡した場合、相続人が新株予約権を承継し、これを行使
  することができる。また、新株予約権者が当社または当社連結子会社の
  取締役、監査役またはおよび使用人のいずれの地位をも有さなくなった場合
  にも新株予約権を行使することができる。ただし、いずれの場合も新株予約権
  割当契約に定める条件により、行使可能な新株予約権の数および行使可能
  期間等について制限がなされ、または新株予約権を当社に返還すべきこと
  となることがある。
(3)上記の他、各新株予約権者から当社への新株予約権返還事由、
  新株予約権の行使の制限その他に関して定めるものとする。

<参考>
(1)定時株主総会付議のための取締役会決議日 平成14年5月17日
(2)定時株主総会の決議日 平成14年6月27日

以  上

本件に関する問い合わせ先
経営管理本部総務部
課長 原 浩尚
TEL (052) 263-5011

ページの先頭へ