【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

在外連結子会社及び在外支店がないため、記載しておりません。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

在外連結子会社及び在外支店がないため、記載しておりません。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

海外売上高が、連結売上高の10%未満で重要性がないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

海外売上高が、連結売上高の10%未満で重要性がないため、記載を省略しております。

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

該当事項はありません。

 

(企業結合等関係)

 

前連結会計年度
当連結会計年度
──────────
(共通支配下の取引等)
 株式交換による㈱エヌディエスリースの完全子会社化
1 結合当事企業の名称及び事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称並びに取引の目的を含む取引の概要
(1)結合当事企業の名称及び事業の内容 
名称:㈱エヌディエスリース 
事業の内容:リース・レンタル事業 
(2)企業結合の法的形式 
株式交換 
(3)結合後企業の名称 
 変更はない。 
(4)取引の目的を含む取引の概要 
 当社グループの連結経営を強化しつつ、事業変革に対する柔軟性を図ることを目的として、平成20年2月15日に当社を完全親会社、㈱エヌディエスリースを完全子会社とする株式交換を実施した。 
2 実施した会計処理の概要
 「企業結合に係る会計基準 三 4 共通支配下の取引等の会計処理 (2)少数株主との取引」に規定する会計処理を実施している。
3 子会社株式の追加取得に関する事項
(1)取得原価及びその内訳
日本電話施設㈱株式
169百万円
取得原価
169

(2)株式の種類別の交換比率及びその算定方法並びに交付株式数及びその評価額
①株式の種類及び交換比率
株式の種類:普通株式
会社名
株式交換比率
日本電話施設㈱
1
㈱エヌディエスリース
11.08

②交換比率の算定方法
当社は三菱UFJ証券㈱に株式交換比率の算定を依頼し、その算定結果を参考として当事会社間において株式交換比率を決定した。三菱UFJ証券㈱は、当社については市場株価平均法により株式価値の分析を、㈱エヌディエスリースについてはDDM法(配当割引モデル)により株式価値の分析を行い、その分析結果を総合的に勘案して株式交換比率を算定した。
③交付株式数及びその評価額
交付株式数     554,000株
 評価額       169百万円


前連結会計年度
当連結会計年度
(3)発生した負ののれんの金額、発生原因、償却の方法及び償却期間
①負ののれんの金額
69百万円
②発生原因
企業結合時の時価純資産が取得原価を上回ったため、その差額を負ののれんとして認識するものである。
③償却の方法及び償却期間
5年間で均等償却
4 企業結合契約に規定される条件付取得対価の内容及び当該連結会計年度以降の会計処理方針
 該当事項なし。
5 取得原価のうち研究開発費等に配分され費用処理された金額及びその科目名
 該当事項なし。

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
  至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
  至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
530.36円
1株当たり純資産額
508.81円
1株当たり当期純利益
21.58円
1株当たり当期純利益
16.31円
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
21.46円
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
16.22円

 

(注)算定上の基礎

1. 1株当たり純資産額

前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
連結貸借対照表の純資産の部の合計額(百万円)
34,236
32,785
普通株式に係る純資産額(百万円)
31,779
30,654
差額の主な内訳(百万円)
  新株予約権
57
91
  少数株主持分
2,398
2,039
普通株式の発行済株式数(千株)
65,962
65,962
普通株式の自己株式数(千株)
6,042
5,716
1株当たり純資産額の算定に用いられた
普通株式の数(千株)
59,920
60,246

 

2. 1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益

前連結会計年度
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
(自 平成19年4月1日
 至 平成19年3月31日)
 至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益
 当期純利益(百万円)
1,305
977
 普通株主に帰属しない金額(百万円)
 普通株式に係る当期純利益(百万円)
1,305
977
  普通株式の期中平均株式数(千株)
60,505
59,901
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
 当期純利益調整額(百万円)
 普通株式増加数(千株)
317
310
    (うち新株予約権)(千株)
317
310
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
り当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
該当事項なし
該当事項なし

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。