A 【損益計算書】

 

 

 

前事業年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

百分比

(%)

金額(百万円)

百分比

(%)

T 売上高

 

 

 

 

 

 

 

完成工事高

 

48,694

 

 

47,588

 

 

兼業事業売上高

 

7,270

55,964

100.0

7,377

54,966

100.0

U 売上原価

 

 

 

 

 

 

 

完成工事原価

※2

43,258

 

 

42,176

 

 

兼業事業売上原価

 

6,513

49,772

88.9

6,425

48,602

88.4

売上総利益

 

 

 

 

 

 

 

完成工事総利益

 

5,436

 

 

5,412

 

 

兼業事業総利益

 

756

6,192

11.1

952

6,364

11.6

V 販売費及び一般管理費

※1,3

 

4,761

8.5

 

4,967

9.1

営業利益

 

 

1,431

2.6

 

1,396

2.5

W 営業外収益

 

 

 

 

 

 

 

受取利息

 

4

 

 

3

 

 

有価証券利息

 

80

 

 

76

 

 

受取配当金

※2

134

 

 

222

 

 

投資有価証券売却益

 

11

 

 

 

 

地代家賃収入

※2

176

 

 

173

 

 

受取保険配当金

 

31

 

 

 

 

その他

 

119

558

1.0

120

596

1.1

X 営業外費用

 

 

 

 

 

 

 

支払利息

 

25

 

 

51

 

 

社債利息

 

187

 

 

118

 

 

その他

 

39

252

0.5

17

187

0.3

経常利益

 

 

1,737

3.1

 

1,806

3.3

Y 特別利益

 

 

 

 

 

 

 

前期損益修正益

※4

24

 

 

24

 

 

固定資産売却益

※6

15

 

 

81

 

 

投資有価証券売却益

 

476

 

 

131

 

 

貸倒引当金戻入益

 

18

 

 

65

 

 

その他

 

535

1.0

12

315

0.6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

百分比

(%)

金額(百万円)

百分比

(%)

Z 特別損失

 

 

 

 

 

 

 

前期損益修正損

※5

90

 

 

13

 

 

固定資産処分損

※7

152

 

 

16

 

 

投資有価証券評価損

 

0

 

 

16

 

 

関係会社株式評価損

 

21

 

 

 

 

退職金制度改革費用

 

 

 

3,516

 

 

販売用不動産評価損

 

315

 

 

 

 

その他

※8

82

663

1.2

28

3,591

6.5

税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)

 

 

1,609

2.9

 

△1,469

△2.6

法人税、住民税及び事業税

 

122

 

 

16

 

 

法人税等調整額

 

532

655

1.2

△612

△595

△1.0

当期純利益又は当期純損失(△)

 

 

953

1.7

 

△873

△1.6

前期繰越利益

 

 

591

 

 

559

 

自己株式処分差損

 

 

 

 

17

 

中間配当額

 

 

281

 

 

275

 

当期未処分利益又は当期未処理損失(△)

 

 

1,263

 

 

△607

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(イ)完成工事原価報告書

 

 

 

前事業年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

材料費

 

1,947

4.5

2,284

5.4

労務費

 

78

0.2

267

0.6

外注費

 

32,263

74.6

31,195

74.0

経費

 

8,969

20.7

8,429

20.0

(うち人件費)

 

(6,907)

(16.0)

(6,544)

(15.5)

 

43,258

100.0

42,176

100.0

 

 

 

 

 

 

(注) 原価計算の方法は、個別原価計算である。

 

(ロ)兼業事業売上原価明細書

 

 

 

前事業年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

情報サービス等売上原価

 

 

 

 

 

材料費

 

116

 

111

 

労務費

 

0

 

16

 

外注費

 

629

 

1,841

 

経費

 

1,603

 

1,420

 

(うち人件費)

 

(1,376)

 

(1,209)

 

 

2,349

36.1

3,389

52.7

不動産売上原価

 

 

 

 

 

期首販売用不動産・

仕掛不動産

 

4,274

 

2,199

 

土地及び造成費

 

204

 

11

 

外注費

 

666

 

161

 

経費

 

327

 

218

 

期末販売用不動産・

仕掛不動産

 

2,199

 

1,211

 

他勘定からの振替高

 

118

 

 

 

3,390

52.0

1,380

21.5

商品売上原価

 

 

 

 

 

期首商品たな卸高

 

150

 

107

 

商品仕入高

 

731

 

1,616

 

期末商品たな卸高

 

107

 

68

 

 

773

11.9

1,655

25.8

兼業事業売上原価

 

6,513

100.0

6,425

100.0

(注)1 原価計算の方法は、不動産については工区別総合原価計算、情報サービス等については個別原価計算によっている。

2 他勘定からの振替高は、有形固定資産の土地の一部を販売用に供することとしたものである。