3 【設備の新設、除却等の計画】

(1) 重要な設備の新設等

当社グループの設備投資については、“選択と集中”によるリソースの最適配分の観点から、中期経営計画に掲げた基本戦略に基づき、投資効率の確保に配慮して計画している。設備計画は原則的に連結会社各社が個別に策定しているが、計画策定にあたってはグループ戦略会議等において当社を中心に調整を行っている。

当連結会計年度末現在における重要な設備の新設等の計画は以下のとおりである。

 

会社名
事業所名
所在地
事業の種類別
セグメントの
名称
設備等の主な内容
投資予定額
(百万円)
資金調達
方法
着手及び完了予定
完成後の
増加能力
総額
既支払額
着手
完了
当社
豊橋支店
岡崎営業所
 
愛知県
岡崎市
通信建設事業
営業所社屋建替え
390
-
自己資金
平成19年
8月
平成20年
2月
陳腐化による更新であり、完成後における生産力の増加はない
当社
静岡支店
 
静岡市
葵区
通信建設事業
支店社屋増築
270
-
自己資金
平成19年
9月
平成20年
2月
陳腐化による更新であり、完成後における生産力の増加はない

(注) 1 上記金額は、消費税を含まない。
    2 上記の他、内部統制に係るシステム費用(新経営基盤システム)として、385百万円を計画している。

 

(2) 重要な設備の除却等

経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はない。