注記事項

(中間連結貸借対照表関係)

 

前中間連結会計期間末

当中間連結会計期間末

前連結会計年度末

※1 以下の資産は、長期借入金2,303百万円及び、短期借入金3,448百万円の担保に供し、また、営業保証金25百万円の代用として供託している。

※1 以下の資産は、長期借入金 2,238百万円及び、短期借入金2,910百万円の担保に供し、また、営業保証金25百万円の代用として供託している。

※1 以下の資産は、長期借入金 1,683百万円及び、短期借入金2,659百万円の担保に供し、また、営業保証金25百万円の代用として供託している。

建物

333百万円

土地

2,136

投資有価証券

803

有価証券

10百万円

建物

446   

土地

2,121

投資有価証券

766

有価証券

10百万円

建物

196

土地

2,591

投資有価証券

718

 

 

 

 2 保証債務

   社員の住宅資金の借入について保証を行っている。

92百万円

   社員の機器購入等の借入について保証を行っている。

4百万円

 2 保証債務

   金融機関等からの借入に対し、債務の保証を行っている。

   大明開発(有)   92百万円

 

   社員の住宅資金の借入について保証を行っている。

62百万円

   社員の機器購入等の借入について保証を行っている。

1百万円

 2 保証債務

   金融機関等からの借入に対し、債務の保証を行っている。

   第一通信建設梶@ 14百万円

   大明開発(有)   100百万円

   社員の住宅資金の借入について保証を行っている。

            80百万円

   社員の機器購入等の借入について保証を行っている。

1百万円

※3 有形固定資産の減価償却累計額       14,356百万円

※3 有形固定資産の減価償却累計額       14,625百万円

※3 有形固定資産の減価償却累計額       14,528百万円

※4 中間連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理している。なお、当中間連結会計期間の末日は金融機関の休日であったため、次の満期手形が中間連結会計期間末残高に含まれている。

受取手形

27百万円

支払手形

17

 

―――――――

※4 連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形変換日をもって決済処理している。なお、当連結会計年度の末日は金融機関の休日であったため、次の満期手形が連結会計年度末残高に含まれている。

受取手形

39百万円

支払手形

13

 

前へ   次へ