先輩からのメッセージ

社会インフラ事業本部

20年続けても、
色褪せることのない
充実感。

社会インフラ事業本部 電設事業部
技術部 技術第3担当

戸田 晋

1996年入社 電気工学科卒

社会インフラ事業本部 電設事業部 技術部 技術第3担当

戸田 晋 1996年入社 電気工学科卒

 

「無くてはならない」を支えて20年。
暮らしに欠かせないインフラ事業を取り扱う部署。それが「社会インフラ事業本部」です。私は入社して20年間、技術者として様々な業務に取り組んできました。最初の2年半は、お客様である地域通信事業者の保守業務を担当。毎日、高所作業車に乗り施工技術を磨く日々は、今の自分の礎になっていると思います。その後も光ケーブル建設工事の施工管理業務、高速道路新設に伴う通信線路工事(非常電話設置等)の監理技術者として現場に入るなど、多様な立場の仕事を経験。2016年からはETC設備の新設および更新工事を行う部門の担当課長として、課のミッションを遂行しています。

 

いつも新鮮な、
工事を完了させたときの充実感。
社会インフラ事業本部で行っている工事のほとんどは、設計から施工、試験、完工と最初から最後まで一貫して携われるものばかりです。工事規模は大小様々ですが、やはりひとつの工事を無事完成させたときの充実感は今も色褪せることがありません。また、工事はNDS社内だけでなく発注者のお客様や協力会社など、多くの人と関わりを持ちながら進められます。ひとつの仕事を通じて、いろんな人と出会うことができる。そんなところにもこの仕事の楽しさを感じています。
若い活発な人たちと、最前線で仕事をしたい。
NDSという会社の雰囲気は、ひとことで言えば「やわらかい感じ」だと思います。上司部下の関係性がとても良く、特に最近は若い管理職も増えているので、固い感じはまったくありません。もちろん仕事に対しては厳しいですが、オフタイムでは話しやすく優しい人が多いのではないでしょうか。私も若い活発な人たちと仕事をして、刺激をもらいながらこれまで以上の仕事をしていきたい。社会インフラを支える最前線で、元気な明るい方の入社をお待ちしています!