NDSグループ CSR憲章

「NDSグループ企業理念」に基づき、持続的発展を目指すNDSグループのあるべき姿を追求すべく、「NDSグループCSR憲章」を制定しました。

NDSグループCSR憲章

NDSグループは、企業理念のもと、企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)を果たし、広く社会に貢献するため、人権を尊重し、関係法令およびその精神を遵守するとともに、次の7原則に基づき、社員一人ひとりが"自主性""積極性"をもって行動します。

  1. 安全性や個人情報・顧客情報の保護に十分配慮して、信頼の技術と品質を提供することにより、お客様に安心と信頼を感じていただけるよう活動します。
  2. 公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行います。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちます。
  3. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を公正に開示します。
  4. 従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保します。
  5. 環境保全活動を通じて、かけがえのない地球を守り、広く社会に貢献します。
  6. 企業市民として積極的に社会貢献活動に参加し、事業を通じて社会の発展に寄与します。社会への協力、ボランティア活動への参加、文化・芸術への支援など社会貢献活動を継続的に実施し、企業市民としての役割を果たします。
  7. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決します。

[チャート]NDSグループのCSR原則

統合マネジメントシステム

当社では、品質、労働安全衛生、情報セキュリティ、環境の各マネジメントシステムを統合し、マネジメントシステム基本方針を策定しております。この方針に沿って、ルール作りや活動目標を設定して、取り組み状況をレビューしながら、経営改善につなげております。

ISOマネジメントシステム基本方針

マネジメントシステム

ページの先頭へ