お客様のために

お客様サービス向上への取り組み

お客様満足度(CS)向上への取り組み

  1. CS向上委員会の開催
  2. 支店内でのCS向上施策検討や取り組みを行う支店CS向上委員会、全支店が参加したアフターケアコール結果に基づくお客様からの不満の声への対策及び、賞賛を頂いた施工者の取り組み・考え方などのコメントを共有するとともに、各支店での取り組みの展開や会社全体としての取組方針の検討を行う本社CS向上委員会を月1回定期開催し、更なるCS向上に向け取り組んでいます。

  3. マナー研修の実施
  4. ユーザ施工者向けのCSマナー研修を全てのユーザ施工者を対象に年1回以上開催し、各支店でのクレーム事例を交えたお客様応対や工事説明ロールプレイなどの研修を行い、毎年受講することによるマナー向上とCS意識の高揚に取り組んでいます。

  5. CSマスター認定制度
  6. 「お客様満足度」「工事品質」「スキル」が高いレベルのユーザ系施工者に対して、年に一度Gold・Silver・Bronze・Masterの4クラスのCSマスター認定を行い、優秀な施工者のモチベーション向上とCS意識の向上、また、上位認定者はポスターに顔写真を載せて各支店へ掲示することで認定者やまだ認定されていない施工者へのCS活動の啓蒙を行っています。

  7. お客様満足度の自己評価方法の導入
  8. お客様宅で施工した際に、お客様にご満足頂ける工事を実施できたのか、通常の施工を行ったのか、お客様から不満を頂くような問題が生じかかったなどを自己評価で振り返ることにより、自分の工事内容を反省し、更なるCS向上へつなげていく取り組みを行っています。

KK(きっちり工事)運動の実施

  1. KK(きっちり工事)運動の実施
  2. NTT事業分野では、NDSグループ全体で、KK運動に取り組んでいます。施策内容は、班単位としては毎日、従業員単位としては月1回コンプライアンス(法令順守)の振り返りチェックを実施し、「お客様視点にたった工事」「コンプライアンスを重視した工事」の実施状況について自己チェックを実施するとともに、各グループのKK委員会でKK施策のブラッシュアップを行いマンネリ化の防止を図っています。

  3. アクセス・テクニカルマスター認定制度
  4. KK(きっちり工事)を積極的に推進し、複数の施工能力保有に努め、FOMA端末を使用した全数写真検査の定着により高品質を維持する施工者のモチベーションや責任感、競争意識の高揚を促し、アクセス系施工班の活性化を図ることを目的として、アクセス・テクニカルマスター認定制度(Gold・Silver・Bronze・Masterの4クラス)を導入しています。

24時間体制の「危険工程管理センタ」

当社は独自の取り組みとして、2002年(平成14年)5月以来、本社に設置された24時間365日体制の「危険工程管理センタ」へ危険工程の着手前および完了の都度、現場施工班から連絡させ、相互に連携をとりながら工事を進めています。危険工程管理センタは、連絡の都度「KK運動」の声かけを行い、特に夜・深夜時間帯及び土・休日については管理者が常駐し、基本事項遵守の指導を行うなどにより、重要故障の発生防止および万一トラブルが発生した場合においても早期回復ができる体制としています。運用開始以来これまでに、現場作業員とセンタとのコミュニケーションにより危険作業に対する緩みのない意識の維持につながっています。

KAIZEN活動

社員が自らの業務・作業の中から、“ムリ・ムダ・ムラ”などの問題点を見つけ出し、創意・工夫による解決方法を自ら実践する個人提案と、業務・作業の効率・安全・品質の向上をさらに図る活動として小集団活動による改善提案を推進しており、年2回の優秀KAIZEN施策の発表会はグループ幹部全員出席のもと開催しています。

情報セキュリティの確保

個人情報保護方針

当社は、すべての個人情報の取扱いについて十分な配慮を行うために、個人情報保護方針を定め個人情報保護に努めています。

詳細はこちら

Wi-NDSショールームオープン

NDSのICT製品・サービスを実際に目で見て、触って、使って、魅力を楽しく実感していただける体験型のショールームとして、2014年(平成26年)1月9日、NDS本社1階に「Wi-NDSショールーム」をオープンいたしました。ここでは、ビジネスゾーン、教育ゾーン、ホームネットワークゾーン、環境・防災ゾーン、介護・見守りゾーン、物販ゾーンの6つのゾーンを展開し、それぞれのサービスを体験していただくことができ、お客様のさまざまなご要望にお応えいたします。

各種展示会への参加

NDSグループでは、総合エンジニアリング事業やICTソリューション事業を通じて広く社会に貢献するため、様々なイベントにおいて最新のソリューションを出展し、お客様とのコミュニケーションと品質・サービスの向上に努めています。

過去の出展イベントについては、「おしらせ」ページをご参照ください。

ページの先頭へ