在宅介護支援システム

在宅介護援システムとは、重度要介護の方をはじめとした高齢者の快適な在宅生活を支えるため、日中・夜間を通して訪問介護と訪問看護を一体的に、さらにそれぞれが密接に連携しあいながら、定期巡回と迅速な対応を行うサービスのことです。

入浴、排せつ、食事等といった日常的に必要な介護だけでなく、緊急時の対応、その他居宅において常に安心して生活を送れるようにするための援助を行い、その療養生活を支援し、心とからだの機能回復をサポートすることを目指しています。

当社では、厚生労働省が定めている基準を満たした通信設備やネットワーク等を使用したコールセンタを設け、要介護・要看護の方々のQOLの向上とサービス業務の効率化に尽力しています。

[イメージ]在宅介護支援システム

特徴

[チャート]在宅介護支援システムの特徴
オペレーター画面のイメージ

1.依頼

ワンタッチで連絡でき、位置情報も送信?お年寄りでもラクラクかけることができます。?

利用者からの連絡をオペレーター端末で受けます。
CRM(注1)により利用者の心身情報や過去の対応履歴等、必要な情報をガイドすることでオペレーターの迅速・適切な業務をサポートします。

2.手配・指示

着信と同時に必要な情報をポップアップ?電話に集中することができます。?

出動可能なヘルパーをシステム上から確認し、連絡することができます。
利用者様の位置情報や個人属性等の必要な情報をメールとワンタイムURL(注2)で、ヘルパーに対して確実な指示をサポートします。

3.報告

スマートフォンで完了報告?ヘルパー様の業務報告を迅速に収集することができます。?

完了報告は、現場から携帯電話・スマートフォンで行い、事業者の業務の効率化を提供します。

  • 注1:セキュリティを向上させる技術で、一度あるいは、限られた時間あるいは回数しか要求を受け付けない仕組み。
  • 注2:個々の利用者とのすべてのやり取りを一貫して管理することでニーズにきめ細かく対応し利用者と長期的な関係を築く手法。

ページの先頭へ