非破壊探査

構造物内部の鉄筋や配管状況、地中の埋設物や空洞などを電磁波で探査し、
構造物を傷つけたり地盤を掘削することなく、探査結果を画像とともにご提供いたします。

特長

[イメージ]非破壊検査の特長

概要・しくみ

電磁波を用いた探査装置(エスパ−)から電磁波を連続発射し、電気的な特性が異なる物体(埋設管、転石、空洞等)が存在するところで反射を起こすことから、断面映像を得ることができます。
探査開始地点からの出幅及び深さを画像デ−タとして記録し、報告書・現地マ−キング等に反映します。

[イメージ]非破壊探査で得られるデータ

調査項目

埋設物調査

ガス、水道、下水道管敷設工事の設計に伴う埋設物調査や道路形態が変わった場所の図面整備などに利用されています。

空洞調査

自然災害や道路陥没時等の空洞調査に利用されます。また最近では、推進工事の影響によって発生する空洞の調査(施工前後比較)でも多く利用されています。

地下構造物調査

工場敷地跡の建物基礎や市街地の残置管、暗渠などの地下構造物調査に利用されています。この調査データは、撤去工事の設計などに活用されます。

[イメージ]埋設管路の調査状況

構造物の鉄筋調査

ビル、コンクリート橋などの耐震補強工事や管路増設工事で発生するコンクリート削孔作業時に、鉄筋損傷を防止する目的で利用されています。

屋内配管調査

ビルの屋内配管などは図面が無い場合が多く、新たに機器を設置する工事でビル壁面の配管を調査する目的で利用されています。

[イメージ]鉄筋調査状況

コンクリート調査

トンネルやコンクリート橋などのひび割れ深さやコンクリート厚、複鉄筋の調査に利用されています。この調査データは、コンクリート補修方法の選定などに活用されます。

[イメージ]

上記内容についてのお問い合わせ先

連絡先 基盤設備事業部 営業部
住所 〒455-0074 名古屋市港区正保町8丁目61番地
TEL (052) 389-1013
FAX (052) 383-1151

ページの先頭へ